東京都/国分寺市、練馬区 神奈川県/川崎市、多摩区、登戸周辺の訪問診療・在宅医療は星の砂グループ
  サイトマップ プライバシーポリシー
トップページへ クリニックのご紹介 業務内容 グループ概要 よくあるご質問 お問い合わせ
HOME > 業務内容
業務内容
在宅訪問診療
在宅療養支援診療
在宅患者訪問看護
ターミナルケアの実施体制
認知症のご相談
居宅療養管理指導
その他ご相談
 
在宅往診申し込み書
下のリンクより申し込み書を
プリントアウトしてご記入いただいた後、
申し込み書に記載されているFAX番号
まで送信してください。
在宅往診申込書
業務内容
 在宅訪問診療
在宅や施設において療養をおこなっている患者さんで、通院が困難な方に対して、その同意を得て、計画的な医学管理のもと、定期的にお宅(施設)に伺い診療を行うものです。
詳細
在宅往診
★ 当法人は、医師が夜間必要時直接訪問します。
★ 療養・指導・看取り、カンファレンス、癌の緩和ケア、認知療養指導、療養指導(リハビリ含む)
★ 
介護連携:ケアマネージャーへの情報提供、訪問看護指示書作成、介護保険の主治医意見書作成
★ 
検査:血液検査、尿検査、心電図検査など
施設往診
緊急時は、必要に応じて医師が駆けつけます。
今は、施設往診のクリニックは、“電話対応”“指定のクリニックに搬送”で済ましていることが多くなっています。
当クリニックは、電話応対(電話往診)と必要時に必ず施設にお伺いします。
特に夜間緊急問合せ時も訪問を基本とします。(往診まで1〜2時間かかる場合があります。)
家族連絡
緊急対応時に必要であれば、家族への症状の説明を行います。原則としてクリニックが家族連絡を行いますが、
施設往診では、施設看護と連携して家族などへの説明も行います。
カンファレンス
在宅では、ケアマネージャーと連携して行います。
施設では、施設と医師でカンファレンスを月1回行います。
医療と介護の連携のためです。
また、ご利用・ご入居前の医療相談などを患者・家族・施設責任者で行うことも可能です。
リハビリ相談
在宅訪問リハビリはねりま西クリニックで行っています。
施設利用者の場合は、機能訓練士、看護師と連携して高齢者の機能維持の相談を行います。
生活リハビリのご相談もお受けいたします。
このページのトップへ
 在宅療養支援診療
家族又は患者の申込により定期的診療を受けることが出来ます。

クリニックは24時間連絡を受ける保険医又は看護職員をあらかじめ指定し、担当者と直接連絡がとれる連絡先電話番号など、緊急時の注意事項等について、事前に患者又はその家族に対して説明の上、文書により提供している方が対象となります。
詳細
原則として、計画的に月2回またはそれ以上訪問して診療をします。
療養者の重傷度に応じて、必要な訪問回数が多くなります。 この他に、急な発熱など症状が変わったときには、電話連絡していただければ、必要に応じて助言したり往診したりします。
受け持ちの療養者に対しては、24時間365日休みなく対応しています。 連携先の病院に対しては、随時、療養者の情報を提供しています。
また、訪問看護ステーションの看護師と連携して協同でケアを行うこともあります。
病状が急変して、入院治療が必要な状況の場合には、相談の上、連携先の病院または、希望の病院があれば
紹介します。

これまでに、以下のような状態の人の医療、処置、管理、検査を実際におこなっています。
医療 在宅酸素療法、在宅成分栄養経管栄養法、在宅自己疼痛管理、経鼻栄養チューブ
胃ろう、点滴注射、膀胱カテーテル、痰の吸引、褥創(床ずれ)処置、自己注射(インスリン等)
自己導尿指導、膀胱ろう、ターミナルケア
療養・指導 自宅での看取り、服薬指導、退院前カンファレンス、癌の緩和ケア、認知症療養指導
療養指導(リハビリ含む)
介護連携 ケアマネージャーへの情報提供、訪問看護指示書作成、介護保険の主治医意見書作成
訪問リハビリ指示書作成
検査 血液検査、血液ガス検査、尿検査、心電図検査、骨粗しょう症検査
在宅ケアを受けているのは、自ら在宅ケアを希望する、寝たきりの人や寝たきりではないが、
自力での外出や通院が困難な人です。
1.  慢性の病気(脳出血、脳梗塞、神経病、心臓病、呼吸器病、消化器病など)
2.  脊椎や下肢の骨折
3.  認知症
4.  うつ病、精神障害
5.  骨、関節の変形性疾患
6.  老衰
7.  常に点滴、チューブなどの医療器具をつけている。
8.  介護保険で要介護度3以上
9.  現在入院中でも、病状が安定している
10. 癌のために余命6ヶ月以内と考えられる
これらの方々が在宅ケアを受けています。
 
このページのトップへ
 在宅患者訪問看護・訪問リハビリテーション
ねりま西クリニックのみ対応しております。
 ターミナルケアの実施体制
医師と看護師などが連携し、在宅での看取りを行います。
 認知症のご相談

認知症の現状をお知らせください。認知症での療養生活へのアドバイスを行います。

 居宅療養管理指導
要支援・要介護状態となった利用者が、可能な限りその居宅において、有する能力に応じて自立した日常生活を
営むことができるよう、医師が通院困難な利用者の居宅を訪問し、心身の状況や置かれている環境等を把握して、
療養上の管理・指導・助言等を行うことにより、利用者の療養生活の向上を図るものです。

具体的には
(1)居宅介護支援事業者(ケアマネージャー)に対する、居宅サービス計画作成等に必要な情報提供
(2)利用者および家族等に対する、居宅サービスを利用する上での留意点、介護方法等についての指導・助言
などとなっております。
詳細
居宅療養管理指導の範囲
介護保険と医療保険の区分け
医療保険
介護保険
在宅時医学総合管理料
・ 診療計画による医学的管理
・ 疾病の治療の指導 投薬
・ 検査
通院困難な要支援・要介護者の居宅を訪問し、計画的かつ継続的な医学的管理に基づいて行う。
訪問診療料
具体的疾患に関する指導管理科 投薬・検査・処置 等
1) 居宅介護支援事業者等への介護サービス計画の策定等に必要な情報提供
2) 介護サービス利用上の留意事項
介護方法等についての指導・助言
 その他ご相談
お困りの方はご相談ください。出来る限り援助をしてまいります。

ご不明な点は、お気軽に
ねりま西クリニック・お問い合わせ窓口(TEL 03-5933-3077)
まで、お問い合わせ下さい。
このページのトップへ
トップページへ | クリニックのご案内 | 業務内容 | グループ概要 | よくあるご質問 | お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー
Copyright(C) Hoshinosuna group All right reserved.